水道代を滞納してしまった場合、どれくらい待ってくれるのでしょうか?

水道代が止められるまで

ちょっと出費が重なって、水道代を払えなかった…なんて経験をした事がある人は少なくないはず。水道代は2ヶ月に1回の支払い。電気やガスに比べると安いものとなっています。2ヶ月に1回ということもあり、ついつい後回しにしてしまうこともあるかもしれませんが、滞納を続けていると延滞金が発生するのでしょうか?また、もしも止められてしまった場合、支払いを済ませればすぐに開栓してもらうことができるのでしょうか?

 

水道代の徴収については、各自治体によって異なります。とはいえ、細かい違いはあるもののどこも似たようなシステム。水道局から送られてくる納入通知書の納付期限までに支払えばいいのです。

 

この納付書での支払いを無視していると、督促状が送られてきます。自治体によってはない場合もありますが、督促状でも支払いがおこなわれなければ勧告状が送られてきます。これも無視していると、給水停止予告書が…。ちなみに、催促状が送られてきた後に、地域の担当職員が給水停止予告書を直に持ってくる場合もあります。給水停止予告書は最後の警告であり、納付期限が記載されています。もしも納付期限までに支払いが確認できなかったから…ついに給水停止。水道代を滞納すると、このような流れで水が止められるものとなるのです。

 

水道も、ガスや電気と同じく大事なライフラインです。なので、いきなり水を止められる事はありません。段階を追って、停止処分を実行するのです。


水が止められるタイミング

水道代がどういった手順で止められるのか…それはわかりました。では、どれくらいの期間にわたって滞納し続けると止められるのでしょうか?

 

各自治体にある水道局によって異なるものの、最初に届く納入通知書の納付期限から給水停止までは、約2ヶ月ほどの猶予期間があるところがほとんど。2ヶ月間の間に催促状や勧告状などの支払いを要求する書類が送られてくることになります。

 

納入期限は、最初に送られてくる納入通知書、催促状、勧告状、そして給水停止予告書です。納入通知書は利用した月の2ヵ月後に期限が設定されており、催促状はその1ヵ月後、給水停止予告書はさらに1ヵ月後。勧告状はだすところもあればないところもあり、催促状と給水停止予告書の中間ぐらいになるでしょう。給水停止予告書に書かれていた納付期限を過ぎても…つまりは翌日以降に支払いが確認できなかったら、2日営業日以内に水道が止められます。

 

もともと水道代は支払いが遅く設定されています。そうしたこともあり、給水停止までの時間も長くなるのです。


支払期限を延期してもらえる?

どうしても支払い期限内に支払えない場合は、支払いを遅らせることも可能。実際に間に合わず、相談している人もいるようです。納入期限前に水道局に連絡して2週間程期限を延ばしてもらったり、未納分を分割での支払い方法に変えてもらったり…と、事情を説明して対応してもらっている実例も、インターネットの体験話などでみることができます。

 

なので、もしも期限までに支払うのは難しい場合は、水道局に連絡し、納入期限を延期してもらえるかどうかを確認するといいでしょう。ただ、場合によっては延期に応じる代わりに誓約書などの必要書類の記入と提出をいわれるかもしれません。通常、こうした納入期限の延期については明記していないので、本当にもしもの際の救助策ともえいます。延期をお願いするにしても、早めに相談するようにしましょう。

 

ちなみに、どこの自治体の水道局も必ずしも相談に乗ってくれるとは限りません。水道局によっては、はっきりと支払期限の延期ができない事を通知しているところもあるのです。さらに、入金に関して延期を何回も繰り返す行為に対して、給水停止をおこなう事を記載しているところもあり、その支払いに厳しい姿勢をみせるところもあるのです。つまり、期限延滞の常連さんになってしまうと、延期にさえも応じてもらえなくなるということなのです。


延滞金はあるの?

お金の貸し借りで支払いが遅れた場合、遅れた日数に対してそれなりの罰金のようなものがかかります。水道代にも、そうした罰金のようなものはあるのでしょうか?いわゆる延滞金です。

 

この延滞金は、水道局によって異なるものとなります。延滞金が発生するといったところもあれば、延滞金を取るところもあるのです。例えば、ある水道局では、納入期限の翌日から納付日までの期間に応じて、納付額に年14.6%の延滞金が加算されるものとなるのです。延滞金の有無については、一度水道局に問い合わせて確認するといいでしょう。

 

そして、給水停止予告書に記載された期限までに支払いを済ませることができなかった…なんて場合には、水道が止められるものとなります。止められてしまったら、未納分を全額きっちりと支払わないと再び開栓してもらうことはできません。支払った後の開栓されるタイミングですが、これも自治体によって変わってきます。その日に開栓してくれるところもあれば、翌営業日など…支払った時間も関係するようです。


更新履歴